データベースとしての競馬

投稿者: |

競馬と言えばどうしてもギャンブルやスポーツと言うジャンルで認識されがちですが、近年はデーターベース化が進み近代競馬と呼ばれています。むしろギャンブルよりもデータベースを活用して利益を追求することも可能な状況にあるといえます。
ここに着目したのが投資競馬です。
従来の競馬は予想をメインとしたギャンブルですが投資としての競馬は予想をメインにしたものではなく、あくまでも利益だけを追求するデータから導き出された結果を求めるスタイルになります。
予想をメインにした競馬ではサラブレッドや機種の好き嫌い、その時の感情で馬券の買い目が変わってきますが、投資競馬では機械的に利益だけを追求することになります。これが最も大きな違いです。
投資の対象をなぜギャンブルである競馬にするのかと言う疑問もあると思いますが、競馬そのものが初期費用が必要でなく敷居が低いことが最も大きなポイントです。また、考えようによってはローリスクハイリターンと言うメリットがあります。投資の対象をなぜギャンブルである競馬にするのかと言う疑問もあると思いますが、競馬そのものが初期費用が必要でなく敷居が低いことが最も大きなポイントです。また、考えようによってはローリスクハイリターンと言うメリットがあります。
パチンコやスロット、株式や宝くじなどに比べてもリターンの確率が高いと言う意味では効率の良い投資になります。
もちろん、自分自身でプログラムを作成して自分の口座と直結させ、過去のデータをもとに自動的に馬券を購入するのがオーソドックスな投資競馬のスタイルです。
しかしながら自分で過去のデータベースを下にしたシステムを組むことができない場合には、単純な競馬の予想サイトではなく過去のデータベースを元にした回収率を上げるための他所のサイトが数多く出てきています。自分自身が求める回収率や重視するデータベースを決めた上、一定期間投資することである程度の収益を目指すことが良いでしょう。また投資を分散させると言う意味では自分自身の好みのデータベースではなくともいくつか組み合わせてハイブリットで投資競馬を行うと言うのも1つの手法です。
ここで重要なのは自分自身の予想スタンスを盛り込まず、あくまで身データベースをもとにした投資競馬であるというスタンスを忘れてはいけません。
機械的に競馬をとらえる、極端にいえば、サラブレッドの走る姿を見ずに銀行口座だけを見ることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です